Facebook、バンガロールにインド最大のオフィス設立へ

世界で22億人以上のユーザー数を抱える「Facebook」。中でもユーザー数が多いのがインドだ。2017年7月、インドは米国を上回る世界一のFacebook利用者数(2億4100万人)となった。

こうした中、フェイスブックはインドのバンガロールに巨大なオフィスを新たに設立する予定だ。

インドの英字新聞「タイムズ・オブ・インディア」によれば、同社はバンガロールのPrestige Trade TowersとUB Cityに構える小さなオフィスを統合し、新オフィスに移転するとのこと。移転先はバンガロールの「エンバシー・ゴルフ・リンクス・ビジネスパーク(Embassy Golf Links Business Park)」で、同社はすでに22万平方フィート(約2ヘクタール)の借地契約を結んでいるという。エンバシー・ゴルフ・リンクス・ビジネスパークは、IBMやマイクロソフト、ゴールドマン・サックスなども入居する、バンガロールの著名ITパークのひとつだ。

この度、フェイスブックがバンガロールにオフィスを正式に構えることになれば、バンガロールにはウォール街注目銘柄である「FAAMG(フェイスブック、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグル)」が出揃うことになる。

消息筋によると、新オフィスは来年にも稼働する予定で、2200名以上の従業員の雇用計画もあるとのこと。新オフィスでどのような業務が行われるかは、現時点では明らかにされていない。

フェイスブックは2010年、アジア初のオフィスをインドのハイデラバードに設立。その後、ムンバイ、首都デリーの衛星都市であるグルガオンなどにオフィスを構えている。

written by  編集部

関連リンク
https://timesofindia.indiatimes.com/city/bengaluru/facebook-logs-in-bengaluru-now-hosts-all-big-five-tech-firms/articleshow/66309871.cms
https://corporatebytes.in/facebook-logs-in-bengaluru-now-hosts-all-big-five-tech-firms/
https://timesofindia.indiatimes.com/india/india-has-the-most-fb-users-report/articleshow/59603509.cms

 

 

バンガロール視察ツアーはこちら
バンガロール視察ツアー