深センの「華星光電」がインド市場に約250億円を投資

中国の液晶パネルメーカー「華星光電」(本社:深セン)がインドのグループ工場に15.3億元(約250億円)を投資したことが明らかになった。関係者の話では、本プロジェクトは順調に進行しており、2020年初頭には量産体制が整うとのこと。説明会には、インド政府代表団、広州のインド総領事館関係者、70社を超えるサプライヤーの代表等が出席した。

※詳細は姉妹サイトをご覧ください。

バンガロール視察ツアーはこちら
バンガロール視察ツアー