ソフトバンクとアマゾン、カーシェアリングプラットフォーム「Drivezy」に投資か?

ソフトバンクとアマゾンがカーシェアリングプラットフォーム「Drivezy」への投資を計画していることが明らかになった。投資額は1億ドル(約110億円)規模になる見込み。インドの経済新聞「The Economic Times」などが報じた。

20154月にムンバイで設立された「Drivezy」(創業当初は「JustRide」。現在、本社はバンガロールにある)は、オーナーによって登録された自動車やバイクをユーザーに貸し出すシェアリングサービスを提供している。同社のサービスはこれまで供給が需要に追いついておらず、車両台数の拡充や海外市場参入を目的に資金調達を実施してきた。

消息筋によると、アマゾンの投資目的は「Drivezy」が主導するシェアリングエコノミー向けブロックチェーン・プロジェクト「Rayy」の活用にあるという。「Rayy」はギグエコノミーに焦点を当てたマルチプロダクト・プラットフォームで、製造業者や個人が様々な製品を掲載し、それらの製品をシェアもしくはレンタルできるようになるというものだ。

一方、ソフトバンクは世界最大のプライベート・エクイティ・ファンド「ビジョン・ファンド」を通じて投資するものと見られている。

インドでは自動車の保有世帯は富裕層等ごく一部に限られており、自動車保有率は5%前後と低い。こうした状況にビジネスチャンスを見出した「Drivezy」は、P2Pによるカーシェアリングサービスで急速な成長を遂げてきた。同社のサービスは現在11都市で展開されており、15000台のバイク、4000台の自動車が登録されている。毎月のアクテイブユーザー数は100万人程度だという。

なお、「Drivezy」は昨年、日本の「Harbourfront Capital」(「AnyPay」の関連会社)から1億ドル超の資金を調達済み。これまでに調達した資金は合計12800万ドルに上る。

written by  Makoto N

関連リンク
https://economictimes.indiatimes.com/small-biz/startups/newsbuzz/softbank-and-amazon-in-talks-to-invest-in-drivezy/articleshow/68555331.cms

バンガロール視察ツアーはこちら
バンガロール視察ツアー