アップルとファーウェイの未来は? インドの2019年スマホ市場シェア1位は「シャオミ」

調査会社「Canalys」が発表した2019年のインド・スマートフォン市場シェアレポートによると、中国・北京を拠点とする「シャオミ(小米科技)」が総出荷台数4290万台で、2年連続で市場シェア1位(29%)を獲得した。以下、「サムスン」(22%)、「Vivo」(17%)、「OPPO」「Realme」(ともに11%)と続いた。

2019年インド・スマートフォン市場シェア 出典:「Canalys」

市場シェアで前年比4%減の「サムスン」は引き続き2位を死守したが、「シャオミ」が前年比1%減、「Vivo」「OPPO」「Realme」の3社が前年比3〜9%増であることからすると、「サムスン」にとっては厳しい状況と言える。中でも3位「Vivo」のシェアは2018年の10%から2019年は17%にまで伸びており、「サムスン」との差はわずか5%に縮小した(※)。

※ 「Canalys」の2018年市場シェアでは、「サムスン」と「Vivo」の差は16%あった。また、インド市場で存在感を発揮している「Vivo」「OPPO」「Realme」「OnePlus」の4ブランドはすべて中国電子機器コングロマリット「歩歩高(BBK)」の傘下企業であり、これら4ブランドのシェアを合計すると、「シャオミ」「サムスン」をすでに上回っている

 

影が薄い「アップル」「ファーウェイ」

世界的なスマートフォンメーカーとして知られる「アップル」と「ファーウェイ」がトップ5に入っていないこともインド市場の特徴と言えるだろう。

もともとインド市場では高価格スマートフォンに対する需要はそれほど高くなく、一番の売れ筋は200ドル前後の低価格端末となっている。価格Rs 45000(約62500円)以上のウルトラプレミアム・スマートフォンに限定すれば、「iPhone XR」が出荷台数で1位を獲得しているが、やはり低価格端末と比べると数がそれほど伸びない現状がある。

一方で「ファーウェイ」の場合は、上記の理由に加え、米中貿易摩擦に端を発した“ファーウェイ排除”の影響も出ているものと思われる。「StatCounter Global Stats」のインド・モバイルOS市場シェア(2020年2月)によると、Androidが95%近いシェアを占めており(iOSは約3%)、Google関連のサービスが非搭載の「ファーウェイ」端末がインド市場で苦戦するのは当然のことだ。

インド・モバイルOS市場シェア 出典:「StatCounter Global Stats」

もちろん、「アップル」も「ファーウェイ」もこうした状況にただ手をこまねいているわけではない。「アップル」は2021年にインド初のアップルストアをムンバイにオープンさせる計画で、廉価モデル「iPhone SE2」(仮)の投入も迫っている。「ファーウェイ」はインドのAndroidベースのOS「Indus OS」の開発企業として知られる「OSLabs」(ムンバイ)と提携し、同社が提供しているアプリストア「App Bazaar」にアクセスできる「ファーウェイ」端末を投入する計画を進めている。「ファーウェイ」と「OSLabs」は両社のサービスをインドに限らず、グローバル展開できるように準備を進めるとのことだ(※)。

※「App Bazaar」の現在のアクティブユーザー数は1000万以上で、登録アプリ数は40万以上に達している。英語だけでなく、国内12のローカル言語にも対応していることが特徴。なお、「OSLabs」には「サムスン」の投資部門「Samsung Venture Investment」も出資しており、2019年3月には「Galaxy Apps」が12のローカル言語に対応した

Indus OS」のウリ文句は「インド人向けにカスタマイズされたプラットフォーム」

こうした「アップル」と「ファーウェイ」の動きは興味深いが、成果が出るのはまだ先のこと。2021年中頃にサービス開始が期待されているインド5G向け商戦で「大逆転」が生まれる可能性もあるにはあるが、インドのスマートフォン市場は差し当たり、「シャオミ」「サムスン」「BBK」による三つ巴の争いとなるのは確実で、時間が経てば経つほどそこに割って入ることは難しくなるだろう。

written by 飯塚竜二

関連リンク
インドで本格化する「シャオミ」の囲い込み戦略、「5G+AIoT、ネットサービス」に大規模投資

https://www.canalys.com/newsroom/canalys-India-smartphone-market-q4-2019-and-full-year-2019

https://www.counterpointresearch.com/oneplus-grabs-1-position-indias-premium-smartphone-market-full-year/

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー