“フィットネス帝国”構築を目指すヘルステック「cure.fit」、顧客ファーストで急成長

インドの総合ヘルステック・サービス「cure.fit」が新たにグロサリー・デリバリーの「whole.fit」を立ち上げた。「whole.fit」は既存のヘルスフード部門「eat.fit」の新ブランドという位置付けで、主にパッケージ化された健康食品(加工食品)を配達するサービスだ。

2016年にバンガロールで創業した「cure.fit」はフィットネス、ヨガ、診断、スポーツウェア、健康食品等を含む4つのヘルスサービスをワンストップで提供するビジネスモデルで急成長してきた。

同社は現在までに3億6500万ドル(約408億円)を調達、評価額は5億7500万ドル(約643億円)と推定される。また、昨年12月にはシンガポールの政府系ファンド「Temasek」と1億ドル(約112億円)規模の投資交渉に入ったことが報じられ、有望なスニコーン企業と見なされている。

「cure.fit」は昨年、「eat.fit」に500万ドル(約5億6000万円)を投資し、自社ブランドや他企業との提携も含めて新たなヘルスフードブランド確立を目指してきた。今回の「whole.fit」立ち上げは、こうした同社の健康食品分野への傾注の表れとも言える。

「whole.fit」は現在、バンガロール、デリーのみでサービスを提供。今年中に10都市へ拡大し、商品のSKU(最小管理単位)も現在の500から、50以上の食品分野からなる3000SKU以上に拡大させる計画だ。

 

高まるヘルシー加工食品の需要

同社の食品部門トップによると、「eat.fit」で取り扱う加工食品はこれまでジュースやヨーグルト、スナック類等のサイドディッシュ的(副食)なものが中心で、品数も限られていた。また、インドの加工食品市場は綺麗にラベリングされた商品が極めて少ないことや消費者の幅広い加工食品を求める潜在的な需要があったという。

「eat.fit」の事業が拡大するに連れて、同社はこうした消費者の需要に応えるために、自社ブランド開発や他社ブランドとの独占契約を進めてきた。こうして、デザイン性が高く、豊富な品揃えの加工食品に特化した「whole.fit」が誕生した。

現在の「whole.fit」の売上は「eat.fit」の20%近くを占め、食品販売全体のAOV(平均注文額)も上昇しているという。

 

企業評価よりブランド力でフィットネス帝国を目指す

昨年、ドバイに進出した「cure.fit」は、インド市場同様にフィットネス(cult.fit)のほか、ヨガスタジオ(mind.fit)も近々立ち上げる予定だ。また、東南アジアやEU、北米進出も計画している。こうした成長性を支えているのが、同社への顧客ロイヤリティ(信頼度)だ。

「cure.fit」の事業の柱はトレーナー等の専門家、ジム等の施設だが、この2本柱を支えるためにテクノロジーも積極的に活用している。例えば「Google Fit」(健康管理アプリ)を自社アプリと連動させ、ユーザーの健康状態やサービスの需要傾向を簡単に把握できるようになったという。

こうした、ハードとソフトを連動させるオムニチャネルで「cure.fit」はユーザーの需要に応え、顧客ロイヤリティ(信頼度)を高めてきた。同社によると、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPS(※)は65ポイントという高スコアを記録している。ユーザー満足度を高めれば自然と顧客ロイヤリティは増し、「cure.fit」が目指す“フィットネス帝国(エコシテム)”は拡大し、顧客基盤も強化されるというシンプルな戦略だ。

※Net Promoter Score。-100から+100の値で測る指標で、GAFA等が採用している

創業者のAnkit Nagori氏はブランドイメージを築く上での企業価値の役割について「顧客は企業価値でなく、ブランド(サービス)への満足度に関心を持っている。ブランドを築く上で企業価値は重要ではない」と述べている。「ユニコーン入りも近い」と評される「cure.fit」だが、今後も“顧客ファースト”の姿勢は崩さないつもりだ。

written by Makoto N

関連リンク
https://www.cure.fit/

https://inc42.com/buzz/curefit-now-offers-packaged-health-foods-groceries-through-wholefit/

https://inc42.com/startups/inc42-upnext-cure-fit-builds-a-full-stack-fitness-empire-one-piece-at-a-time/

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー