インドで本格化する「シャオミ」の囲い込み戦略、「5G+AIoT、ネットサービス」に大規模投資

インドでスマホシェア1位を誇る中国の「シャオミ」が、“5G、AI、AIoT(※)”分野に今後5年間で70億ドル(約7766億円)以上の大規模投資をすることが明らかになった。今回の投資は2019年に発表された5GとAI、IoTをつなぐ「All in AIoT」戦略への投資、14億ドル(約1513億円)に続く大規模投資となる。

※“AI+IoT”をかけ合わせた「SHARP」の造語

具体的な投資内容は不明だが、米中貿易戦争、中国国内の競争激化といった要因を考えれば「シャオミ」にとってインドは中国以上の最重要市場と言っても過言でなく、インドでの「5G+AIoT」事業をさらに活発化させるものと専門家は見ている。

「シャオミ」のCEO、雷軍(Lei Jun)氏は、新年初頭に同社Webサイトに寄せた公開状で「2020年は5Gビジネスの画期的な年となり、“スマホ+AIoT”戦略をさらに推進する上で重要な年になる」と寄稿。5G対応デバイスを通して、スマート家電から家、車に至るまで、包括的なサービスを展開する計画のようだ。

2014年にインド市場に参入した「シャオミ」は、2017年に「サムスン」を抜いてスマホシェア首位を奪取。今や白物家電までをカバーする総合家電メーカーに成長した。雷軍氏は当初から、「良いスマホをつくるだけでなく、手頃な価格で販売することがゴールだった」と述べ、同社製品は価格、性能面でインドの消費者に幅広く受け入れられている。

一方、シェア2位の「サムスン」を除く競合他社の「Realme」「Oppo」「Vivo」「OnePlus」(※)の追い上げも激しく、2019年第3四半期のスマホシェアの合計で「シャオミ」を追い抜いている。

※この4ブランドはすべて中国電子機器コングロマリット「歩歩高(ブーブーガオ)」の傘下企業

米通信リサーチ会社「IDC(International Data Corporation)」の数値を元に作成

「ライフスタイル・ブランド」戦略

こうしたライバル企業の追い上げを見越し、「シャオミ」は2018年の香港市場上場以来、スマホ・ブランド以外で収益を上げる二つの戦略を取り始めている。そのひとつがIoTを中心に据えた「ライフスタイル・ブランド」の確立だ。

スマホ、スマート家電、スマートホーム等の様々なモノ(ハード)をつなげ、ユーザーのテクノロジー面での消費体験や需要を押し上げる戦略だ。こうした動きに「OnePlus」等の競合他社も「シャオミ」の戦略に追随する動きを見せ、「Realme」は昨年、“テック・ライフスタイル企業”(tech-lifestyle company)としてインド事業を展開することを表明している。

現在インド市場向けの「シャオミ」IoT製品は中国本土と比べると品数は限られているが、今後はラインナップが激増すると見られている。

巨額利益を生むネットサービス戦略

「シャオミ」は、グループ全体でスマホ事業の利益率を5%以下に設定しており、2018年の利益率は1%未満だった。仮に、上限を超えた場合は顧客に返還するという。また、同社の経営の3本柱は「デバイス、小売(販売)、サービス」から成り、事業全体に占めるスマホ等のハードウェアと小売事業の割合は半分で、残り半分は大きな利益を叩きだすネットサービス(2018年度純利益、約2700億円)となっている。

こうした低い利益率設定の背景には、デザインが良く、安価で確かな性能のスマホを切り口に、大量の顧客を同社が提供する音楽・動画配信、フィンテック等の幅広いネットサービス(※)に誘導する“囲い込み戦略”がある。

※Mi Music、Mi Video 、Mi pay、Mi Credit等

ちなみに、インドの動画配信サービスは現在の5億ドル(約540億円)から2023年までには10倍の50億ドル(約5400億円)規模に、ネットサービス全体では現在の338億ドル(約3兆6529億円)から2022年には約2倍の7兆円規模になることが見込まれている。(※)

※ボストンコンサルティング・グループ、印インターネット&モバイル協会(IAMAI)調べ

また、インド政府は昨年、コンテンツ産業への外資出資規制を緩和することを発表する等、同市場は今後拡大するものと見れている。

こうした巨大市場を狙い、「シャオミ」は同分野のスタートアップへの投資にも積極的で、ネットサービス分野での“シャオミ・エコシステム”に取り込もうとしている。

同社は今年、10機種以上の5G対応スマホをリリースする予定だが、「Amazon」や「Netflix」、「 Paytm」等の巨大企業がひしめくインドのネットサービス分野で、どこまで登りつめられるのか注目される。

written by Makoto N

関連リンク

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/technology/xiaomi-to-invest-7-billion-in-5g-ai-and-iot-over-next-5-years/73073523

https://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/xiaomi-launching-disrupting-iot-products-in-india-in-2020-manu-jain/articleshow/72868755.cms

https://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/xiaomi-looks-to-monetise-internet-services-in-india/articleshow/68666216.cms?from=mdr

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー