インドのIT人材に熱視線、2020年はユニコーン&スニコーンがインドの雇用を牽引か

失業率が悪化しているとされるインドでは、同国の花形産業であるIT分野も例外でなく、雇用の鈍化が懸念されている。しかし、人材会社やアナリストは「ユニコーンやスニコーン(※)が、来年は採用人数を倍増する」と予測している。

※ユニコーン間近のスタートアップ

人材サービス「Xpheno」(本社:バンガロール)のレポートによると、2019年にインドで誕生した9社のユニコーンは6万人を直接雇用し、最大で18万人を間接雇用したという。また、スニコーンはおよそ3万6000人規模の新規採用を行う計画とのことだ。

インドには現在、34社のスニコーンがあり、この内、Eコマースとフィンテック分野が多くを占め、デリー、バンガロール拠点の企業が多い。

 

 

  スニコーンの分野別内訳(現地メディア「Inc42」から転載)

また、「インフォシス」等の大手ITサービス企業も新規採用に積極的だ。こうしたIT企業の人材募集の割合は、「来年度には4割以上を占める」と予測されている。

市場関係者によると、20年度はエントリーレベルでの採用も含め、業界全体で今年度比11%増の2万人以上の求人募集が行われるという。加えて、GAFA等のグローバル企業もインドでの採用を活発化するものと見られている。

前出の「Xpheno」によると、一般的に「OYO」や「Swiggy」等のようなスタートアップがユニコーン入りすると、GAFAと同等レベル以上の給与水準に引き上げる傾向が見られるという。彼らは事業拡大に貪欲で、ライバル企業に差をつけるため、待遇面で良い条件を提示して優秀な人材を積極的に採用するからだ。

特にデータサイエンティストやアナリスト、プロダクトスペシャリストの需要は従来から高く、ユニコーンやスニコーンはこうした“高度人材”を深刻な不況が続く通信や自動車関連産業から吸い上げようとしている。

 

市場全体のスキルアップが課題

一方で「インフォシス」等の大手IT企業に勤める中堅、上級管理職は大規模な雇い止めに直面している。こうした大企業では新しいIT技術習得についてゆけない社員が容赦なく切り捨てられており、19年度末までに最大で約4万人が解雇される恐れがあるという。また、小売や農業等の伝統的な業界でも市場全体の技術革新により、今後はIT技術の知識や技術が求められるようになる。

なお、インドの失業率は政府、民間を含めた各統計機関によって算出方法が異なり、数値はまちまちだが、12月の月間統計では都市部が9.1%、農村部で6.9%、インド全体で7.6%となっている。(※)

※インドのシンクタンク「経済監視センター(CMIE)調べ。ただし、日本を含む諸外国は国連のILO(国際労働機関)基準の失業率に準拠しており、ILO基準でのインドの失業率は12月時点で前年同様2.55 %、日本の失業率2.4%と比較すると優等生的な値になっている点は留意したい

 

世界で過熱するインドの高度人材獲得競争

インドにおけるIT分野の雇用鈍化は、2017年4月に米国のトランプ大統領が米国人の雇用促進のために署名した大統領令「BAHA法」(※)も影響している。同法により、IT分野等の高度人材向け労働ビザ「H-1B 」承認が厳格化され、2016年にはビザ承認の5割を占めていたインド企業が、2019年には2割台まで激減した。

※Buy American Hire American (アメリカ製品を買え、アメリカ人を雇え)の略

インドのITサービス企業はこれまで優秀な人材を自社の米国法人や他の企業に送り出すことで利益を得ていたが、ビザ承認の激減で大きな打撃を被っている。他方、GAFA等の米大手IT企業による優秀なインド人材の承認(雇用)は増加しており、高度人材囲い込み競争が過熱している。

人材獲得競争は移民問題に悩まされる欧州にも広がりつつある。テクノロジー産業振興に向けて、英国やEU各国は高度人材確保へビザの緩和措置等を取り始めており、中でもインドの高度人材受け入れには積極的な姿勢を見せている。

written by Makoto N

関連リンク
https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/startups/unicorns-and-soonicorns-to-drive-hiring-growth-next-year/72929112

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/corporate/trumps-baha-law-puts-a-squeeze-on-indian-h-1bs/72269395

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/corporate/european-countries-roll-out-red-carpet-for-indian-tech-talent-amid-us-crackdown/72859856

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー