インドのフィンテック、主役は電子決済からオンライン融資にシフト

電子決済からオンライン融資へシフトするインドのフィンテック市場で、新たなスタートアップが最近、資金調達を行った。

創業2ヵ月目のデジタルバンク「Indyfint」がシリーズAで210万ドル(約2億円)を調達。リードVCは「Allsec Technologies」(※)の共同創業者であるSaravanan Adiseshan氏で、今回の出資により、同氏は「Indyfint」の取締役に就任する予定だ。

※チェンナイ拠点のグローバル総合ITサービス企業

「Indyfint」は今年10月、Paddy Padmanabhan氏とRajiv Kuchha氏によってバンガロールで創業された。両氏はアフリカ、南アジア、米国等でグローバル展開するモバイル決済サービス「Obopay」(本社:バンガロール)のトップでもあり、「Indyfint」は「Obopay」の子会社でもある。また、「Obopay」はATM等の現金引出し業務を除けば、銀行に準じた金融サービスを提供できるライセンスを保持しているのも強みだ(※)。

※インドの中央銀行にあたるインド準備銀行が発行しているPPIsライセンス(Prepaid payment instruments licence)

AI活用で金融包摂を推進

現在、「Indyfint」は借手である個人(貧困層や学生、小売り店主等)が主要銀行を含む様々な金融サービスプロバイダーと直接取引し、短期融資サービスを受けられるマーケットプレイスを構築中だ。同マーケットプレイスで貧困層等の金融サービスへのアクセスを容易にする金融包摂(financial inclusion)を後押し、潜在的な需要を喚起するという。

Padmanabhan氏は「毎年インドでは、貧困層や小売店に高利貸し等の乱雑な形で1300億ドル(約14兆円)以上の貸付けが行われている。我々が開発しているAIは世界に通用するレベルであり、適正な利子で、タイムリーな融資を可能にする。今後18ヵ月で数百万の利用者を見込んでおり、インドでの金融包摂をさらに推進させるつもりだ」と述べ、強い意気込みを見せている。

また、同社はMSME(中小零細企業)向け融資サービスとして、独自のAIレンディング・アルゴリズムで借手の取引記録を分析し、信用スコアを作成することで、借手のニーズに合わせたプル型の“クレジット・エコシテム”をつくる計画だ。

同社は今回調達した資金で、ブランド力の強化、顧客中心のビジネスモデル構築、技術開発に力を入れるという。

MSMEをターゲットにオンライン決済から融資へシフト

インドでは、2016年の高額紙幣廃止が引き金となり、大小様々な電子決済スタートアップが乱立、電子決済市場は飽和気味だ。

一方で通信環境の障害から電子決済が利用できない地域や、新紙幣の普及により、現金決済への回帰も起きている。2017年度と2019年度のATMからの現金引出し率を比較すると、40.27%に増加したという(※)。

※ インド準備銀行のレポートより

電子決済分野と比べると、レンディング(小口融資)や保険分野は未成熟な市場だ。特に、MSMEや貧困層向けのマイクロファイナンス(小規模金融)は今後大きな市場となることが見込まれ、同分野への投資も活発化している。

インドのフィンテック分野別の投資内訳 (現地メディア「Inc42」の数値を基に作成)

インド政府の試算によると、2018年のGDPの30%はMSME分野が占めている。また、インドのMSMEの数は5000万を超えると見られ、その内の4割は家族や親戚、高利貸し等のインフォーマルな手段で資金を調達しているという。

デジタル履歴で借手の負担を無くす

既存の金融機関の融資サービスを利用する場合、数週間から数ヵ月に渡る審査期間、融資額不足、柔軟性に欠けた返済方法等が、借手には大きなストレスとなっている。電子決済が浸透すれば、借手の取引記録がデジタルデータとして蓄積され、審査期間は最短で数分~数時間に短縮される。

こうした点に着目した「Indyfint」は、独自のAIアルゴリズムを開発。借手であるMSMEの電子取引記録と支払い傾向を分析し、即座に借手の与信力を評価することで、起業家への融資やローンのハードルを下げるとともに、タイムリーな資金提供を目指している。

インドのMSME向けデジタル・レンディング分野は2023年に1000億ドル(約11兆円)規模、個人を含めた市場全体では1兆ドル(約109兆円)に達することが予測されている(※)。

※ボストンコンサルティング・グループのレポートより

インドでは同市場参入の動きが活発化している。「Paytm」や中国の総合家電メーカー「シャオミ」は最近、相次いで個人向けレンディング・サービスへの参入を表明している。

written by Makoto N

関連リンク
https://www.obopay.com/

https://yourstory.com/2019/12/funding-virtual-banking-startup-indyfint

https://inc42.com/buzz/digital-banking-startup-indyfint-raises-2-1-mn-within-two-months-of-launch/

https://inc42.com/datalab/the-untapped-opportunity-why-fintech-startups-should-not-ignore-the-indian-msme-sector/

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー