EV導入が本格化するインド、政府の優遇政策やコストダウンでエコシステム形成が加速

インドのEV市場参入に向け、国内外自動車メーカーの動きが本格化しつつある。従来より公共バスや庶民の足である3輪リキシャ、2輪車のEV化への移行は進みつつあるが、ここにきて各メーカーは一般消費者向け乗用車の新型EVモデルを次々と発表している。

韓国の「現代自動車」は2019年7月、一般消費者向けにインド初のSUVタイプEV「KONA Electric」を販売を開始した。また、「タタ・モーターズ」「マルチ・スズキ」もEVを2020年には市場投入する計画で、「日産自動車」や仏「ルノー」もEV市場参入へ向けて着々と準備を進めている。

KONA Electric
マルチ・スズキが試験運用中のワゴンR型EV。「Autocar India」より転載

インドでのEV販売は配車サービス企業や公共機関向けが中心だったが(※)、価格やインフラの未整備等がネックとなり、一般消費者にはほとんど浸透していないのが現状だ。

※「タタ・モーターズ」「マヒンドラ&マヒンドラ」の2社が独占

減税、州政府の優遇政策がEV普及の後押しになるか

インド政府は従来から排ガス問題や原油輸入依存からの脱却、さらに「Make in India」の下でEV化を強力に推し進めており、「2030年以降はEVのみ販売すべし」という厳しいロードマップを業界に突きつけていた。(※)

※業界の大きな反発を受け、EV化への明確な移行期限は8月に撤回された

政府は企業や消費者向けにEVへの消費税(GST)と製造企業向けの法人税を大幅に引き下げる等、EV導入に積極的な政策を打ち出している。こうした自動車メーカーやスタートアップを対象にした政府の後押しが、EVエコシテム形成の起爆剤となっている。

また、EV導入に積極的な州政府も増えている。“インドのデトロイト”と呼ばれるチェンナイのタミル・ナドゥ州は国内屈指のEV製造のハブ化を目指し、2022年までの自動車税の完全免除(2~3輪、貨物自動車のEVが対象)、EV製造企業への補助金等の優遇政策を9月に発表した。(※)

※29の州の内、タミル・ナドゥ州を含めた10の州が同様のEV優遇政策をとっている

加えて、2020年4月に導入予定の排ガス規制(バーラト・ステージVI、BS6)もEV化への加速要因だ。同排ガス規制はEUと同水準の厳しい規制であり、すでにディーゼル車からの撤退を表明している企業も多い。

バッテリーのコストダウンでEV普及が進む 

インドの自動車購入者の6割は9999ドル(約107万円)以下の車を購入する傾向にあり、高価格であることがEV普及の障害要因の一つとなっている。現在、「マルチ・スズキ」の人気車種、SUV「ビターラ ブレッツア」が約87万ルピー(約131万円)であるのに対し、「現代自動車」のEV「KONA Electric」の販売価格は約250万ルピー(約375万円)と3倍弱の開きがある。

EV価格を押し上げる大きな要因はバッテリーだが、ブルームバーグによれば、2022年にはEVの価格は内燃機関自動車(ICE)と同等になると言われている。背景には世界中でEV産業が活発化し、スケールメリットの結果としてバッテリー性能が向上し、コストダウンが図られていることがある。

バッテリー価格と容量の需要傾向。ブルームバーグより転載

また、政府のバッテリー国産化政策に加えて、2020年にはスズキ、東芝、デンソーの合弁会社がグジャラート州でインド初となる自動車向けリチウムイオンバッテリーの量産を開始することからも、バッテリーのコストダウン化が進むのは必至だ。

「タタ・モーターズ」のEV部門トップShailesh Chandra氏がSUV等の人気車種へのEV戦略に言及した際、「SUVやハッチバック型のEVはICEと競争できるだろう。消費者は環境に配慮した新しい技術やコネクテッドカーに興味があり、価格は一番の重要事項ではないからだ」と述べたように、消費者の嗜好にも変化が現れ始めている。

充電ステーションの整備等、依然として様々な課題があるものの、政府の優遇政策やコストダウン、消費者嗜好の変化により、インドでのEV普及はそう遠くはないのかもしれない。

written by Makoto N

関連リンク
https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/technology/electrifying-opportunity-some-bumps-on-the-way/71207845

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/corporate/not-setting-deadline-for-transition-to-evs-nitin-gadkari/70770843

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-06/india-has-150-million-drivers-and-only-8-000-want-electric-cars

https://www.bloomberg.com/features/2016-ev-oil-crisis/

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!
バンガロール視察ツアー