生鮮食品デリバリー「Milkbasket」、過熱するインドのE-グロサリー市場で躍進

牛乳・生鮮食品のマイクロデリバリー「Milkbasket」が、PE(※)とシリーズCで5000万ドル(約53億円)規模の投資交渉に入ったことが明らかになった。交渉は2ヵ月以内にまとまる可能性が高いという。

※private equity funds

「Milkbasket」は2019年6月に1050万ドル(約11億円)を調達しており、現在までの調達総額は約3200万ドル(約34億円)に上る。今回調達した資金で同社は、これまで牛乳や肉、野菜、果物等といった生鮮食品が中心だった同社の配達サービスを医薬品分野へも拡大させる計画だが、課題があるのも事実だ。

オンライン医薬品販売の法的混乱

インドのオンライン薬局による医薬品販売は大きな可能性を秘めた市場である一方で、販売ライセンス等をめぐる司法と国の混乱(※)も起きており、デリーやマドラスの高等裁判所は過去にオンライン販売を禁止する判決を出している。

※半世紀以上前に定められた「1945年医薬品・化粧品規則」がオンライン販売に対応していないため、司法は政府に度々是正を求めている

加えてインド薬剤師薬局協会(AIOCD)はオンライン薬局の値引き販売に反発している。オンライン薬局は注文毎に平均10~15%値引きしており、既存のオフライン薬局が不利な状況に置かれているからだ。

定刻配達が成功の一因

2015年にグルガオンで創業した「Milkbasket」は、当初はミルクデリバリーが中心だったが、事業拡大とともに「Milk & more」のキャッチフレーズの下、生鮮食品や日用品等も取り扱うようになった。今や収益の70%はミルク以外の商品から得ており、商品のSKU(最小管理単位)は8500点以上に上る。

こうした地域密着型デリバリーの特徴は、サブスク方式で毎日決まった時間(朝7時前)に玄関前に配達するという習慣型の配達サービスを提供している点だ。「Milkbasket」は従来のミルク・新聞配達を手本にコストを抑え、配達費を無料にしている。また、ディスカウントやキャッシュバックを実施したり、高品質の生鮮食品を取り扱ったりすることでユーザーの支持を獲得、定着率も急速に伸びているという。

オンライングロサリー市場は生鮮食品がカギを握る

インドのE-グロサリー市場では日用消費財の売上が46%を占め、食品は34%、生鮮食品は20%となっている。ユーザーの6割は生鮮食品を日用消費財等と同時に購入できることに利便性を感じているという。市場規模の指標である流通取引総額(GMV)では、デリー首都圏(NCR)、バンガロールの順でトップを占め、特にこの2都市でのプレゼンスが重要となっている。

印リサーチ会社「RedSeer」より転載

生鮮食品は「Milkbasket」の全体の売上の内25%を占めており、すでにコールドチェーン構築のため、デリー農村部に農産物集荷センターを設けている。今後新たにバンガロールを含む6都市の農村部に10の集荷センターを開設する予定だ。加えて提携農家に品種や栽培方法、収穫時期等のアドバイスを行い、付加価値の高い野菜や果物を収穫できる体制を整備している。

現在、同社は7都市で事業展開しているが、今後他都市での展開も視野にグロサリー分野の企業買収を積極的に行っていく方針だ。一例として、今年7月にはバンガロール拠点のオンライン・グロサリーストア「PSR Supply Chain」を買収している。 

マイクロデリバリー分野はテクノロジーを活用した「near me」のコンセプトの下、地域密着型サービスで顧客の取り込みを急速に進めており、海外投資家からの関心も高まっている。

written by Makoto N

関連リンク
https://www.milkbasket.com/https://www.milkbasket.com/

https://inc42.com/buzz/milkbasket-plans-to-raise-50-mn-to-expand-into-medicine-deliveries/

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/startups/micro-delivery-milkbasket-acquires-psr-supply-chain/70142727

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/internet/bombay-hc-strikes-down-plea-against-online-drug-sales/70597550

https://inc42.com/buzz/milkbasket-bets-on-fresh-products-category-eyes-contract-farming/

2019年〜2035年
世界でGDPが最も急成長する都市3位
バンガロール視察ツアー毎月開催中!

バンガロール視察ツアー