急成長するインドのコワーキングスペース市場、「WeWork」は6都市展開に

コワーキングスペースを運営する米「WeWork」が着実にインドでのビジネスを拡大させている。同社はバンガロール、グルガオン、ムンバイに続き、近々プネー、ノイダ、ハイデラバードでもサービスをスタートさせる計画だ。

バンガロールの「Galaxy」。画像は「WeWork」のHPより

同社は2016年に印不動産開発大手「Embassy Group」と戦略的パートナーシップを結び、インド市場に進出した。現在は国内3都市30ヵ所(※)でサービスを提供している。

※バンガロール11ヵ所、グルガオン6ヵ所、ムンバイ13ヵ所/2019年8月時点

同社のインドにおける競合としては「リージャス」「CoWrks」「Awfis」「Smartworks」「GoWork 」「Skootr」「Innov8」「IndiQube」「Avanta」「91springboard」「Creator’s Gurukul」「GoHive」「OneCulture」「Plus Offices」「Bridge+」等が挙げられる。

インドのコワーキングスペースはここ数年、スタートアップやスモールビジネスだけでなく、中小・大企業等、すべてのセクターの関心を集めている。従来のビジネスセンターと異なり、ジムやSPA、フードコート、ゲームエリア、スリーピングポッド、託児所等の様々なアメニティ施設を備えるコワーキングスペースもあり、こうした利便性の高さが多くのインド人の関心を集め、普及が加速しているようだ。

実際に米総合不動産サービス企業「​ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)」の調査によると、インドにおけるコワーキングスペースの利用は様々な業態で拡大しているという。コワーキングスペースが占める面積は2017年から倍増し、2018年は390万平方フィート(約36万平方メートル)になった。2017年から2019年第1四半期までの累積面積は690万平方フィート(約64万平方メートル)に達している。インド上位7都市におけるオフィスリースセグメントでコワーキングが占める割合は、2019年第1四半期に12%まで拡大した。

こうしたデータからも明らかなように、コワーキングスペース市場では現在も積極的な投資が行われており、2018年5月末時点で4億ドル(約425億円)近い金額が投じられた。「JLL」の目算では、2019ー2020年度中に投資額は10億ドル(約1060億円)に達する見込みだ。

「WeWork」が入居予定の「Panchshil Futura」(プネー)

巨額資金があれば、コワーキングスペースのサービスプロバイダーはより迅速にスケールアップできる。インドのサービスプロバイダーは上位7都市に加え、ジャイプルやゴア、チャンディガル、ラクナウ等のTier 2(人口100-400万人未満)の地方都市へも進出するようになった。こうした地方都市ではスタートアップの数やインキュベーション施設のニーズが拡大しており、コワーキングスペース市場にさらなる成長をもたらすはずだ。

written by 編集部

関連リンク
https://www.gulftoday.ae/opinion/2019/08/10/indias-co-working-space-set-to–attract-$1-billion-investment

https://yourstory.com/2019/08/startup-wework-coworking-india-pune-bengaluru-gurugram/?utm_source=share&utm_medium=app

“インドのシリコンバレー”たる所以を体感
バンガロール視察ツアー毎月開催中!

バンガロール視察ツアー