世界で最も急成長する都市ランキング、インドの都市が独占

世界で最も裕福な都市を思い浮かべてみよう。きっと多くの人がニューヨークや東京、ロサンゼルス、ロンドンなどを想像するのではないだろうか。しかし国内総生産(GDP)の伸びでは、アジアの都市、特にインドの都市が他の都市を凌駕している。

英オックスフォード・エコノミクスは「2019年から2035年の間にGDPが急成長する上位10都市の全てをインドの都市が独占する」と推測した。

中でも最も急成長を遂げると予測されているのが、クジャラート州北西部の都市スラトだ。スラトは昔からダイアモンドの加工及び貿易の中心地として知られており、現在はIT分野の成長も著しい。

下図が急速に成長する10都市のGDP推移である。

インドのシリコンバレーと呼ばれているバンガロールのGDP成長率は3位で、年平均成長率8.5%。この10都市の中では、現在および2035年のGDPは最も高い。ハイテク産業の中心地であるハイデラバードは、8.47%の成長率で4位にランクインした。

また、2027年には、アジア全都市のGDP合計は北米と欧州のGDP合計を上回ると予測されており、2035年には17%も超過する見込みだ。中国各都市の発展が、大きく寄与することになると思われる。

上図は2035年の都市別GDPと人口のデータだ。TOP10上位4都市に変化はないが、中国は上海、北京、広州、深圳と4都市が含まれている。

その中国よりも、現在のインドは経済成長率が高く、IMF(国際通貨基金)は「中国の2019年の経済成長率が6.2%であるのに対して、インドは7.4%成長する」と予測している。

インドは現在、改革、対外投資、力強い国内需要に支えられ、世界成長の15%を占めるに至った。人口統計学の観点から見ても、インドの高成長はしばらく続くことは明らかだ。

written by  磯巧磨

関連リンク
https://www.weforum.org/agenda/2018/12/all-of-the-world-s-top-10-cities-with-the-fastest-growing-economies-will-be-in-india/

バンガロール視察ツアーはこちら
バンガロール視察ツアー