「Swiggy」本格参入で過熱するインドの地域密着サービス、手本は中国企業

フードテック・ユニコーンの「Swiggy」がハイパーローカル・デリバリー(地域密着型デリバリー)に本格的に参入しようとしている。「Swiggy」が傘下のミルク・デリバリー事業を展開する「Supr Daily」に1億ドル(約108億円)を投資することが最近明らかになった。

2018年に「Swiggy」に買収された「Supr Daily」は2015年、ムンバイでPuneet Kumar氏とShreyas Nagdawane氏が創業。両氏は買収後もトップとして「Supr Daily」を率いている。

「Supr Daily」はアプリケーションを介したサブスクリプション方式で毎朝、牛乳や卵、パン、果物等を都会に住む多忙なユーザーに配達。配達件数はバンガロール、ニューデリーを含む6都市で1日10万件以上に上る。同社の収益は他のスタートアップ同様に牛乳配達が70%を占めるが、契約ユーザーは他の商品も購入する傾向にあるという。また、注文の60%は中産階級以上が住む「ゲーテッドコミュニティ」(※)からの大口注文であるため、その分配達コストを抑えられるという。

※ゲート(門)を設け周囲を塀で囲んだ居住区。防犯性の向上を目的にしている。

今回の大規模な投資により、「Supr Daily」は「Swiggy」の持つ巨大な配達ネットワークを活用した他都市への事業拡大、商品ラインナップの拡充等によって収益増加を目指すものと思われる。また、「Swiggy」のサービス自体はすでに農村にも浸透していることから、利便性が高い「Supr Daily」のサービスをローカル市場にマッチングさせてゆく計画だ。

インドの巨大な食料品市場を狙う国内外の企業

近年、インドの地域密着型デリバリー市場は過熱状態だ。主なプレイヤーとしてはバンガロール拠点の「Flipkart」「DailyNinja」「BigBasket」、グルガオン拠点の「Milkbasket」、「Amazon」等が挙げられる。

同市場が過熱している背景には、インドのグロサリー市場が巨大で、小売市場全体の6割を占めている現実がある。現在のグロサリー小売市場規模は4000億ドル以上(約43兆円)で、2022年には7000億ドル(約75兆円)に達すると見込まれている。

この内、オンライン・グロサリー小売市場は現在5億ドル〜10億ドル(約541億円~1082億円)規模で、2024年には50億ドル(約5409億円)以上に拡大することが見込まれている(※)。

※ペンシルベニア大学ウォートン校のオンライン・ビジネスジャーナル「Knowledge@Wharton」調べ

地域密着型フードデリバリー+α を目指す「Swiggy」

同社はすでに今年6月に地域密着型デリバリーサービスとして「Swiggy Daily」をグルガオンで立ち上げている。「Swiggy Daily」は組織化されていなかった地域の家庭料理をサブスクリプション方式で提供、伝統的かつ地域密着型の家庭料理でユーザーリピート率を上げ、注文を増やしていく計画だ。

また、食品配達以外では今年2月、グルガオンで試験的に「Swiggy Stores」を立ち上げている。同サービスはアプリを介して有名ブランドを含む3500軒以上の店から様々な商品を配達。家電から医薬品、ギフトフラワーまで生活に必要な商品を同社の配達ネットワークを活用して1時間以内で配達するのが特長だ。

中国企業の成功体験を追う「Swiggy」

「Swiggy」が他分野のデリバリーサービスを積極的に展開している背景には、同社へ投資している中国企業の存在がある。中国最大のO2Oプラットフォーム「美団点評(Meituan-Dianping)」 、その筆頭株主である「テンセント(騰訊控股)」だ。

「Swiggy」の事業戦略は「美団点評」の多角的なビジネスモデルを手本にしていると見られ、今後は食品以外でも事業を展開してゆくものと考えられる。

「美団点評」は元々グルメレビューやレストランの予約、フードデリバリーサービスを提供していたが、現在では配車サービスや旅行サイトまで幅広く事業展開し、2018年9月に香港取引所に上場する前は世界4位のユニコーン企業であった。「Swiggy」は「美団点評」の“everything app”を模範に、食品デリバリー以外の多様なサービスをアプリを介してワンストップで提供する事業戦略を掲げているようだ。

2014年にバンガロールで誕生した「Swiggy」は、Sriharsha Majety氏、Nandan Reddy氏 、Rahul Jaimini氏が創業。同社は今年6月以降、新たな事業展開を目指してソフトバンクや韓国のVC等と投資交渉に入っている。仮に交渉がまとまれば、「Swiggy」の評価額は33億ドル(約3569億円)から40億ドル(約4326億円)に上昇する見込みだ。

written by Makoto N

関連リンク
https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/startups/swiggy-lines-up-100m-to-deliver-milk-other-essentials/70151615

https://inc42.com/buzz/swiggy-looking-at-500-mn-from-korean-vcs-in-latest-funding-round/

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/internet/swiggy-foray-into-product-deliveries-with-swiggy-stores/67955606

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/internet/swiggy-set-to-expand-delivery-strategy-to-make-hyperlocal-product-deliveries/65190269

https://knowledge.wharton.upenn.edu/article/indias-online-grocery-battle-heating/

“インドのシリコンバレー”たる所以を体感
バンガロール視察ツアー毎月開催中!

バンガロール視察ツアー