ローカルSNSベンチャー「Khidki」が資金調達に成功

インドでローカルSNSを展開する「Khidki」が資金調達したことが明らかになった。経済WEBメディア「ETRISE」などが報じている。

本件は「Axilor Venturesが主導し、他にも「Astarc Ventures」「Gemba Capital」「Purple Patch Ventures」「LetsVenture」が参加。調達額は非公開だ

同社の共同創業者兼CEOKumar Saurabh氏によれば、調達した資金は他の州へのサービス拡大およびプロダクト強化に投入されるという。

「Khidki」2017年にバンガロールで設立されたスタートアップ。創業したのはSaurabhとインド情報技術大学イラーハーバード校(IIIT-Aの卒業生であるKapil Agrawal氏で、Saurabhは「Amazon」技術チームで業務に従事した経歴を持つ。CTOAgrawal氏はフードオーダーアプリ「TinyOwl」の開発に携わったことで知られている。

「Khidki」アプリは市や町レベルの交流に焦点を当てたローカルSNS。現在、グジャラート州に40人以上のユーザーを抱えており、最近、マディヤ・プラデーシュ州ラージャスターン州にもサービスを拡大した。ユーザーはローカルのニュースや写真、音楽、舞踏などの各コンテンツを楽しんだり、シェア&ダウンロードしたりできる。また、自身が暮らす市や町、言語、関心などに基づいて他のユーザーとつながり、チャットで交流することも可能だ。

written by  編集部

関連リンク
https://economictimes.indiatimes.com/small-biz/startups/newsbuzz/axilor-ventures-others-open-funding-window-for-khidki/articleshow/67172072.cms

バンガロール視察ツアーはこちら
バンガロール視察ツアー