インド政府が新EVロードマップ、 2030年以降はEVのみ販売か

2019年6月21日、インド政府が推し進めるEV政策についての会合が、道路交通相を含む政府系シンクタンク「NITI Aayog」と2・3輪メーカー(「Bajaj Auto」「TVS Motor」「Honda」等)のトップや業界団体との間で開かれた。

画像はAmitabh Kant氏のTwitterから

現在、インドの自動車の80%は2輪車が占めていることから、ナレンドラ・モディ政権は深刻な大気汚染対策として特に2輪車および国民の足である3輪車「オートリキシャー」のEV移行を強力に促してきた。こうした政策も追い風になり、インドではバンガロール拠点の「Bounce」等のスクーターレンタルやカーシェアリングのスタートアップが活況だ。

一方でインド政府が進めようとしているEV移行政策は、以前より「インド自動車工業会(SIAM)」や「インド工業連盟(CII)」等の業界団体から「具体性がなくアイディアだけの政策だ」等と非難されてきた。また、EV移行は充電ステーション設置等のインフラ整備や関連する機材の調達、専門知識を持つ人員確保等が大きな課題として指摘されている。

今年7月に導入予定の日本の消費税にあたる物品・サービス税(GST)では、2輪車も含む自動車には28%、ハイブリッド車には28%に加えて一種の奢侈税として15%が課税されることになるが、EV車の税率は12%と抑えられている。

業界には厳しいロードマップ 司法介入も

こうした中、会合では「NITI Aayog」のCEO、Amitabh Kant氏が新しいEVロードマップを提案。「クリーンエネルギーの技術発展に伴い、2030年以降は電気自動車(2~4輪車まで含む)のみ販売すべし」という業界にはかなり厳しいロードマップだ。さらに、「2025年以降は、150㏄を超える2輪車の販売はすべてEVのみにすべき」との提案も出された。

道路交通相のNitin Gadkari氏からは、2030年までにディーゼル車やガソリン車の販売を段階的に廃止するフレームワークを準備するよう提案がなされた。また、タクシーやバス等の公共セクターで使用される車両は、2030年までに完全にEVへ移行する案が提示された。

「NITI Aayog」は2輪・3輪車業界に2週間以内にEV移行プランを提示するように求めており、大気汚染対策に十分な対応をとらない場合は裁判所の介入も示唆している。

画像はイメージです
バッテリー国産化を目指す政府

国を挙げてのEV完全移行政策の根底には、2030年までに50ギガワット(GWh)規模のバッテリー生産工場、国産で蓄電池を製造するという計画が背景にある。「NITI Aayog」によると、バッテリーパック製造に必要な原料等の79%を国内でまかない、残り21%を輸入に頼ることが試算されている。

バッテリーの国産化に向けて、政府は年間Rs 8000 crore(約1234億円)規模の補助金の交付や免税等、メーカーや投資家向けの優遇措置をとる予定だ。補助金についてはバッテリーの国産原料比率や政府が定めるキロワット(KWh)あたりの目標値達成毎に交付されるという。

「NITI Aayog」は原油需要が高まる中、EVに移行すればRs 3 lakh crore(約4兆円)規模の節約につながり、100万人の雇用を新たに生み出せると見積もっている。

「E-ハイウェイ」構想
独シーメンスが進める「E-ハイウェイ」構想

もうひとつの注目すべき提案としては、「E-ハイウェイ」構想がある。同構想は2017年に政府から一度言及されており、すでにドイツ等では試験導入・実用化されている。電車のようにトラックやバス等の輸送車両がパンタグラフを搭載し、架空電線からの電力供給によって充電・走行。「E-ハイウェイ」区間外はハイブリッドで走行するという構想だ。インド政府は、進行中のデリー・ムンバイ高速道路計画に本構想を当てはめる予定で、同構想で先行するスウェーデンからの協力を見込んでいる。

「EVロードマップは自動車業界と相談の上で最終決定される」と発表されたが、今後、政府のEV完全移行に反発する日本や韓国等の海外メーカー、インド国内のメーカーによるロビー活動が活発化するものと思われる。

written by Makoto N

関連リンク

https://tech.economictimes.indiatimes.com/news/corporate/nitis-new-road-map-only-electric-vehicles-to-be-sold-after-2030/69834718

https://www.business-standard.com/article/companies/niti-aayog-gives-scooter-bike-makers-2-weeks-to-draw-up-ev-plan-report-119062300077_1.html

バンガロール視察ツアーはこちら

バンガロール視察ツアー